スタディサプリENGLISHとiKnowの違いを徹底比較!おすすめの使い方も解説

英語学習に強みを持っているアプリは数多く存在しますが、その中でも「スタディサプリENGLISH」と「iKnow」のどちらを利用するべきか悩まれている方は多いのではないでしょうか。

どちらのアプリも強みや特徴が異なり、月額料金なども必要になるため、失敗しない選択をしたいところかと思います。そこで本記事では、スタディサプリENGLISHとiKnowの特徴を解説するとともに、目的別にどちらがおすすめであるかを解説します

英語力を効率的に高めるためにも、ぜひ参考にしてください。

スタディサプリENGLISHの特徴

まずは、スタディサプリENGLISHの特徴からご説明します。スタディサプリENGLISHは、日常英会話・ビジネス英会話・TOEIC対策に強みを持っている英語学習アプリで、短期間で英語力を大きく高める英語コーチングプランも用意されています。

1回3分から受講できる動画コンテンツが多数用意されており、スマートフォンから受講できるため、休憩中や通勤時間などの隙間時間に効率よく学習することが可能です。

さらに、初心者〜上級者まで受講できるように、レッスンがレベル別に用意されているため、英語初心者の方でも安心してレッスンを受講できるでしょう。

これだけの特徴や強みがありながら、月額料金は1,980円〜と非常にコストパフォーマンスも高いため、経済的な負担も最小限に抑えられることが特徴です。

iKnowの特徴

続いて、iKnowの特徴について見ていきましょう。iKnowは、脳のメカニズムに沿って効率的な学習を行える英語学習アプリで、主に英単語や文法などのインプットを行うことが可能です。

目的やシーンに合わせた200以上の学習コンテンツが学び放題であり、一般的な英会話の95%をカバーする4,000単語・800フレーズから、今あなたが覚えるべき英語を優先的に学べる仕組みとなっています。

また、日常英会話やビジネス英会話・TOEIC対策・海外留学向け英語など、それぞれのジャンルに特化した英語を学べることが特徴です。

通常は月額約800円〜1,500円ほどが必要になるのですが、月額6,480円で入会できる「DMM英会話」というオンライン英会話を受講すれば、なんとiKnowを無料で利用することができます。

DMM英会話の詳しい特徴に関しては、『DMM英会話の特徴と評判・口コミ!』にて解説していますので、本記事と併せてご覧ください。

従って、iKnowでインプットしつつ、DMM英会話のレッスンでアウトプットする流れを作れば、より効率的に英語力が高まることは間違いないでしょう。

スタディサプリENGLISHとiKnowの違い

ここからは、スタディサプリENGLISHとiKnowの違いについてご説明します。それぞれの大まかな違いは下記の表のとおりで、レッスンが用意されているかいないか・受講料金などに違いが見られます。

サービス名スタディサプリENGLISHiKnow
受講料金(税込)月額1,980円〜月額1,510円〜
コンテンツ数公開なし約200
サービスの強みリスニング・スピーキング力を高められる英単語力を強化できる
レッスンありなし
受講可能媒体PC・スマートフォン・タブレットPC・スマートフォン・タブレット
受講可能コース日常英会話・ビジネス英会話・海外旅行・TOEIC L&R・コーチング日常英会話・ビジネス英会話・海外旅行・TOEIC L&R

上記のとおり、受講料金はスタディサプリENGLISHのほうが若干高いものの、コンテンツの充実度を見る限り、費用対効果は高いことがわかります。

では、それぞれの違いについて更に詳しく解説をしていきます。

スタディサプリはリスニング力・スピーキング力を高める

スタディサプリENGLISHでは、主にリスニング力・スピーキング力を高められます。

スタディサプリENGLISHでは、1つのメニューに「内容理解クイズ→ディクテーション(書き取り)→会話文チェック(リスニング)→なりきりスピーキング(発音チェック)」という一連の流れが含まれています。

マンツーマンオンライン英会話のサービスの1つとして出してもおかしくないほどにレベルが高く、メニューもストーリー形式となっているため、受講途中で飽きが来てしまうこともないでしょう。

iKnowは単語力を鍛える

一方のiKnowでは、日常会話の95%をカバーする4,000単語800フレーズを、レベルに合わせて学べる仕組みになっているため 、単語力を中心に鍛えられます。

これによって、日常英会話でありがちな「単語の意味を思い出せない」「相手が使用している単語の意味を理解できない」といったミスを回避できるとともに、実践的な英会話力を身につけることができます。

また、メモリーバンクやプログレスバーで、伸びた分の英語力を可視化できるようになっているため、日々達成感を感じながら学習できることも嬉しいポイントの1つです。

レッスンが用意されているかいないか

最後の、レッスンが用意されているかいないかといった違いが挙げられます。スタディサプリENGLISHでは、レッスンを担当するのは「人間の講師」ではなく「AI」ではあるものの、自宅完結で必要なレッスンを受講することができます。

一方のiKnowには、レッスンが一切用意されていため、単語や文法を徹底的にインプットすることを目的として利用することが望ましいでしょう。

しかし、上述したように、iKnowはDMM英会話の有料プランになることで無料で利用できるようになるため、実質的にレッスンも受講できると言っても過言ではないでしょう。

iKnowへの入会を検討しているのであれば、同時にDMM英会話への入会を優先的に検討してみることをおすすめします。

「スタディサプリ」と「iKnow」はどちらがおすすめ?

ここまで、スタディサプリENGLISHとiKnowのそれぞれの違いについて解説をしてきました。ここでは、それぞれのアプリを導入するべきケースの違いについて解説をします。

  • 中長期的に受講するならスタディサプリ一択
  • iKnowは単語力を身につけるのにおすすめ

それぞれ順番に見ていきましょう。

中長期的に受講するならスタディサプリ一択

まず、中長期的に受講することを考えているのであれば、スタディサプリ一択だと言えるでしょう。iKnowコンテンツ量やカバーできる範囲が圧倒的に異なるため、仮に1年間などの長期的な受講をしたとしても、「レッスンを学び終えてしまった」というケースは起こりえません。

また、コンテンツの追加も定期的に行われているようであるため、常に新しい英語を学び続けられるといった魅力も存在します。

\ストーリー形式の実践的なレッスン/
【無料】スタディサプリの無料体験に申し込む
\月額1,980円〜のリーズナブルな料金/

iKnowは単語力を身につけるのにおすすめ

一方のiKnowは、単語力の強化を考えている方におすすめです。従って、英語を学習するのは中学依頼・人と話す時に単語が出てこないといった、比較的初心者の方におすすめとなります。

iKnowには約4,000もの単語が用意されているため、iKnowで学び続けることで、単語力のみであれば上級者のレベルにまで引き上げることも可能でしょう。

しかし、基礎のみを学び続けても英語を話せるようにはならないため、より実践的な英語力を身につけるためにも、DMM英会話への入会を検討してみることもおすすめします。

» DMM英会話の特徴と評判・口コミ!

» 英語学習アプリのiKnow

まとめ:スタディサプリとiKnowは目的に応じて使い分けよう!

スタディサプリENGLISHと、iKnowの特徴や違いについて解説をしてきました。スタディサプリENGLISHは「リスニング力・スピーキング力」を強化したい方におすすめであり、iKnowは「単語力を強化」したいと考えている方におすすめです。

とはいえ、実際に受講する方によって感じ方は異なるため、まずはそれぞれの無料体験から受講してみることをおすすめします。

また、iKnowへの入会を検討している方は、DMM英会話に入会することによって料金が無料になりますので、『DMM英会話の特徴と評判・口コミ!』の記事を本記事と併せてご覧ください。