DMEメソッドの効果とは?特徴・口コミとカランメソッドとの違いを解説

DMEメソッドは、2007年に誕生した英語学習方法の1つです。通常、一定のレベルまでに達するのが「350時間」であると言われているところ、DMEメソッドを使って勉強すれば、約80時間で一定レベルまでに達すると言われています。

そこで本記事では、DMEメソッドの概要や、カランメソッドとの違いを解説するとともに、受講するメリットやデメリットをご紹介します。

さらに、DMEメソッドが受講できるオンライン英会話も解説しますので、ぜひ参考にしてください。

\イングリッシュベルでDMEメソッドを/
【無料】イングリッシュベルの無料体験レッスンに申し込む
\通常の4倍速で英語が上達!/

 

DMEメソッドの特徴

DMEメソッドの「DME」とは、「ダイレクトメソッド・フォー・イングリッシュ」の略です。

学習者の母国語を使用せずに英語を教える「ダイレクトメソッド(直接教授法)」をもとに、2007年につくられました。

ダイレクトメソッドとDMEメソッドの最大の違いは、「古い英語を使用しない」ということです。ダイレクトメソッドは学習方法としては非常に優秀ではあるものの、レッスン中に古い英語が頻繁に出てくるなどのデメリットがありました。

これらを踏まえたうえで、ダイレクトメソッドの良い部分だけを引き継ぎ、定期的に教材をアップデートしているのがDMEメソッドの特徴です。

5年前と現在では使用する言葉や文法も変わるため、DMEメソッドでは常に生きた英語のみを学べます。

DMEメソッドとカランメソッドの違い

DMEメソッドと同じぐらい有名な学習メソッドの1つに、カランメソッドが挙げられます。

カランメソッドもダイレクトメソッドから生まれた学習方法の1つではあるものの、DMEメソッドとは下記のような違いが存在します。

  • 文法学習
  • 質問に対する答えは自分で考える
  • カランメソッドよりも新しい

それぞれを順番にご説明します。

文法学習

1つ目の違いは、文法学習です。

カランメソッドは文法学習を行わず、英会話のみのレッスンであることに対して、DMEメソッドでは文法と英会話の両方を学びます。

また、DMEメソッドでは、講師が使用した文法を使って返答をしないと、正解にならないという特徴があります。たとえば、講師が「仮定法」を使用したのであれば、受講生も仮定法を使用して返答しないといけないということです。

つまり、DMEメソッドのほうがカランメソッドよりも求められるレベルが高く、より実践的な英語を学べます。

質問に対する答えは自分で考える

2つ目の違いは、質問に対する答えは自分で考えるということです。

カランメソッドでは、講師の質問に対する正解の答えは、事前に用意されています。つまり、良くも悪くも暗記さえすれば答えられるということです。

一方のDMEメソッドでは、講師が「Why?」とだけ言う例文があり、その答えを自分の頭で考えなければいけません。

実際にネイティブや外国人と会話をする時は自分の頭で考える必要があるため、実際のシーンを想定してレッスンを受講してみましょう

カランメソッドよりも新しい

3つ目の違いは、カランメソッドよりもDMEメソッドのほうが新しいことです。

カランメソッドは、1960年に作成され、2013年に内容が改定されました。一方のDMEメソッドは、2007年に作成され、以降は3年〜4年毎に内容がアップデートされています。

DMEメソッドはダイレクトメソッドの中では最も新しく、一言で言うと、カランメソッドや他のダイレクトメソッドの長所を残し、より文法に重点をおいた改良されたメソッドと言えるでしょう。

DMEメソッドの効果

DMEメソッドは、講師からの質問にひたすら答え続けるというレッスンです。こういったレッスンであることを知った時に、「本当に効果があるの?」と疑問に感じる方も多いのではないでしょうか。

ここでは、DMEメソッドで得られる効果について解説をします。

  • 通常の4倍のスピードで英語が身につく
  • 英語脳が鍛えられる
  • ネイティブの流暢な会話に付いていける

それぞれの効果を順番に見ていきましょう。

通常の4倍のスピードで英語が身につく

1つ目の効果は、通常の4倍のスピードで英語が身につくことです。

冒頭でも解説したように、DMEメソッドでは、一定の英語レベルにまで達するために「350時間」必要であると言われているところ、「約80時間」で到達できる効果があります。

通常の4倍のスピードで英語が身につくわけですから、それだけでも絶大な効果が得られると言っても過言ではないでしょう。

また、初心者の方が英会話学習を始めても、多くの方が挫折してしまう傾向にあることは事実です。それは、学習に置ける成果を実感できず、一向に「英会話ができる自分」というイメージを抱けないからです。

しかし、DMEメソッドであれば約80時間で一定のレベルにまで到達できるため、挫折してしまう可能性も非常に低く、高いモチベーションを長期間保つことができるでしょう。

英語脳が鍛えられる

2つ目の効果は、英語脳が鍛えられることです。英語脳とは、英語で英語を聞き取り、英語で理解し、英語で返答するスキルを指します。

通常、日本人の場合は、英語で聞き取っても、一度脳内で「英語を日本語に変換する」という作業が生まれます。つまり、ネイティブなどと比較して、会話が1テンポ遅れてしまうなどのデメリットがあるということです。

DMEメソッドでは、講師から絶え間なく質問が繰り出されるため、英語を日本語に変換するという無駄な作業を排除することができ、英語脳を徹底的に鍛えられます

ネイティブの流暢な会話に付いていける

3つ目の効果は、ネイティブの流暢な会話にも付いていけるようになることです。

上述した英語脳とも理由が通ずる部分はありますが、日本語に変換する作業がないため、ネイティブの会話を英語で聞き取れるようになります。

また、DMEメソッドでは、細かな発音にも講師からの修正が入ります。ネイティブにも通じる正しい発音や会話表現を徹底的に学べるため、DMEメソッドを学ぶことで、海外旅行や日常的な英会話で困ることは一切なくなるでしょう。

DMEメソッドのレッスン内容

ここからは、DMEメソッドの具体的なレッスン内容について見ていきましょう。

  • スピーキングリスニング
  • レビュー
  • グラマーエクササイズ
  • コミュニケーションエクササイズ
  • リーディング&ディクテーション

それぞれのレッスン内容を順番にご説明します。

スピーキングリスニング

講師がネイティブスピーカーと同様のスピードで、質問を投げかけてきます。その質問に対して、正しい発音と文法で回答するレッスンです。

実際は、回答や正しい発音がわからなくても、講師が都度リードをしてくれるため、初心者の方でも安心してレッスンを受講することができます。

また、回答では、会話の「省略形」の使用を心がけることが重要です。たとえば、「it is」を使用するのであれば、「it’s」を使用するなどです。省略形で反射的に講師の質問に答えることで、ネイティブスピーカーにも負けないスピーキング力と、リスニング力を鍛えられます。

レビュー

DMEメソッドのレッスンは、毎回「前回のレッスンの復習」から入ることが特徴です。

前回のレッスンで聞き取れなかった文法や、理解が難しかった表現を洗い出すことで、それらの弱点を重点的に克服することができます。

グラマーエクササイズ

グラマーエクササイズでは、英文作成能力を養います。

ステージごと(レベルごと)に3〜5つのエクササイズが用意されており、講師からの質問に回答する形式となっています。

コミュニケーションエクササイズ

DMEメソッドでは、基本的に講師からの質問に受講生が答えるという構図です。コミュニケーションエクササイズでは、この逆のパターンとして、受講生から講師に質問をする形式でレッスンを進めます。

自分主導で会話を進められるため、より実践的な英会話の練習が可能です。

リーディング&ディクテーション

発音やアクセントチェックのために、リーディングを重点的に行います。

また、リーディングとリスニング・スペリング強化のためにディクテーションを行い、英語力全体の向上を図ります。

DMEメソッドを受講するメリット

ここからは、DMEメソッドを受講する3つのメリットについて解説をします。

  • 初心者にも向いている
  • ネイティブと対等に会話ができるようになる
  • 表現や文法の幅が広がる

それぞれのメリットを順番に見ていきましょう。

初心者にも向いている

1つ目のメリットは、初心者にも向いていることです。

DMEメソッドのレッスンの特徴から、「初心者にはすごく難しそう」というイメージを抱く方も非常に多いのではないでしょうか。

しかし、DMEメソッドには「初心者向け」のレッスンも用意されており、講師も初心者に指導することに慣れた方ばかりです。

また、上述したように、英語初心者の方は、英語を学習してもいまいち成果を実感できず、途中で挫折してしまう方も多いのが現状です。DMEメソッドであれば、初心者でも約80時間で一定レベルの英語力を身につけられるため、初心者こそDMEメソッドを受講するべきだと言えるでしょう。

ネイティブと対等に会話ができるようになる

2つ目のメリットは、ネイティブと対等に会話ができるようになることです。

英語脳を鍛えなければネイティブの会話に付いていくことはできませんが、DMEメソッドで英語脳を鍛えることで、流暢な会話にも臆せず付いていけるようになります

「自分はネイティブと対等に会話ができている」という自信を持つことも可能ですし、さらに英語を学習することが楽しくなるなどのメリットも感じられるでしょう。

表現や文法の幅が広がる

3つ目のメリットは、表現や文法の幅が広がることです。

DMEメソッドでは、様々なシーンを想定したレッスンを繰り返し行うため、「こんな表現もあったんだ」と、新しい気づきを得られます。

また、前回のレッスンでわからなかった表現や文法は、次回のレッスンで必ず復習を行うため、常にアウトプットによって自分の英語力を高めることが可能です。

DMEメソッドを受講する際の注意点

DMEメソッドには複数のメリットが存在しますが、デメリットがあるのか気になる方も多いのではないでしょうか。結論、注意点は存在します。

それは、反復練習が楽しくないと感じる方もいることです。基本的に講師からの絶え間ない質問によって英語脳を鍛えるレッスンであるため、フリートークで講師と楽しく会話がしたいと考えている方は、楽しくないと感じるかもしれません。

しかし、覚えておかなければいけないことは、フリートークは「英語を話せる方」のほうがより楽しいと感じられることです。そのためにも、まずはDMEメソッドで一定レベルの英語を話せるようになり、その後にフリートークで好きなトピックや話題について会話をしたほうが良いのではないでしょうか。

また、DMEメソッドは通常よりも短期間で英語力を身につけられるため、挫折の危険性も圧倒的に低いです。

将来、より楽しく英語を話せる自分になるためにも、まずはDMEメソッドで英語学習をスタートさせてみることをおすすめします。

DMEメソッドを受講できるオンライン英会話

ここからは、DMEメソッドを受講できるオンライン英会話について解説をします。2021年1月現在、DMEメソッドを受講できるのは「イングリッシュベル」のみとなっており、ここでは、イングリッシュベルの特徴について解説をします。

イングリッシュベル

イングリッシュベルは、高品質なオンライン英会話のみに贈られる「ISO認証」を取得しているオンライン英会話です。ISO認証は、国際機関が厳格な基準を定めているため、認証を受けているオンライン英会話は非常に少ないことが特徴です。

講師はフィリピン人を中心に構成されており、人柄と指導力の2軸で採用されているため、初心者〜上級者まで満足度の高いレッスンを受講できます。まずは、無料で受講できるDMEメソッドの体験レッスンから受講してみてはいかがでしょうか。

\イングリッシュベルでDMEメソッドを/
【無料】イングリッシュベルの無料体験レッスンに申し込む
\通常の4倍速で英語が上達!/

DMEメソッドの口コミと評判

ここからは、DMEメソッドの受講生の口コミをご紹介します。

りんごさん
昨日と今日は以前から気になっていた同い年先生。優しい雰囲気でリラックスムード。
ホントいい先生がたくさんいてまたお気に入り先生が増えました!
Meさん
【consides A to B】AをBとみなす レビューの量が多かったけど、割とスムーズに答えられた気がする! 最初はあんなに四苦八苦してた疑問文も…と思うと、慣れって大事。
Taさん
だんだん文章が長く複雑になってきた。
文法用語全然わからない。pronoun 代名詞。 Book2 108 #DMEメソッド
りんごさん
272nd-273rd #DMEメソッド Book3 Unit25 犯罪パート終了!
take to court 裁判沙汰にする
send someone to prison for life ~を終身刑に処する 助動詞+受動態が頭で考えちゃってスラっと出てこない。

口コミを参考にすると、レッスンを重ねるごとにレッスン内容が難しくなり、逆に楽しいと感じる声が多く見られました。

文法や単語に対する理解が困難であっても、次のレッスンで必ず復習をするため、インプットとアウトプットを同時に進められることがメリットのようです。

DMEメソッドの効果はどんな人におすすめ?

DMEメソッドのメリットやデメリットを解説してきましたが、DMEメソッドは、英語初心者の方・正確な英語表現でネイティブと対等に会話をしたいと考えている方におすすめです。

やはり、通常350時間要するところを、約80時間で一定の英語力に到達するのは非常に魅力的です。また、英語脳が鍛えられるため、海外旅行や日常英会話であれば、ネイティブとも問題なく会話ができるようになるでしょう。

その他にも、表現や文法の幅が広がるといった効果にも期待ができます。これから英語を学習しようと考えているすべての方・ネイティブと会話ができるようになりたいと考えている方は、DMEメソッドを受講して高い英語力を手に入れてみてはいかがでしょうか。

DMEメソッドよりもカランメソッドから始めてみたい方向けのオンライン英会話

ここからは、DMEメソッドよりも「カランメソッドから始めてみたい」と考えている方におすすめのオンライン英会話をご紹介します。カランメソッドであれば「講師との会話」のみでレッスンが構成されるため、DMEメソッドよりも難易度が低いと言えます。

  • イングリッシュベル
  • ネイティブキャンプ
  • QQ English

それぞれのオンライン英会話を順番に見ていきましょう。

ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプ
ネイティブキャンプは、24時間365日レッスン受講し放題のオンライン英会話です。月間のレッスン回数に上限が設けられていないため、時間に余裕のある方は、月額6,480円で何回でもレッスンを受講できます。つまり、コストパフォーマンスが非常に高いサービスであることが特徴です。

講師もネイティブ・フィリピン人・日本人の3タイプから構成されており、自分の好みやレベルに合わせて自由に選択することができます

カランメソッドだけでなく、ビジネス英語や日常英会話など、網羅的にカリキュラムが用意されている高品質なオンライン英会話です。

\24時間365日レッスン受講し放題/
【無料】ネイティブキャンプの無料体験レッスンに申し込む
\カランメソッドなど網羅的にカリキュラムを用意/

QQ English

QQ Englishは、DMEメソッドの前身であるカランメソッドの正式認定校です。講師全員が国際英語教授資格である「TESOL」を保有しており、質の高いマンツーマンレッスンを受講できます。

それでいて月額料金は3,685円〜という非常にリーズナブルな料金であることから、多くの受講生からの支持を集めています。

さらに、レッスンは専用のレッスンルームが用意され、講師も通信環境の整ったオフィスから通信を繋げるため、レッスンに置けるストレスがまったくありません。

\講師全員がTESOL保有/
【無料】QQ Englishの無料体験レッスンに申し込む
\月額3,685円〜/

まとめ:DMEメソッドを受講して効果を実感しよう!

DMEメソッドの効果やメリット、口コミなどを紹介してきました。DMEメソッドは質の高い英語力を手に入れるには最適な学習方法であり、反復練習によって英語脳を徹底的に鍛えられます。

反復練習が楽しくないと感じてしまうかもしれないなどの懸念点はあるものの、短期間で英語力がアップするのであれば、むしろ受講しないという選択肢はないのではないでしょうか。

まずは、DMEメソッドがどのようなレッスンであるかを実際に体験してみるためにも、イングリッシュベルの無料体験を受講してみることをおすすめします。

\イングリッシュベルでDMEメソッドを/
【無料】イングリッシュベルの無料体験レッスンに申し込む
\通常の4倍速で英語が上達!/