あなたは何点必要?TOEICスコア別のレベルと必要な勉強時間の目安

「TOEICで何点取れたら、どんなことができるの?」
「何時間ぐらい勉強すれば、目標のスコアを達成できるの?」

TOEICの勉強を始める際に、自分がどれくらいのスコアを目指せば良いのか、という目安や基準を知りたくなりますよね。

また、目標までの必要な勉強時間の目安がわかっていると、いつ頃目標を達成できるかをイメージすることができます。

この記事を読むと、TOEICスコア別の「できること」や、就活や仕事でどのように評価されるか、また目標のスコアを達成する為に必要な勉強時間の目安がわかるようになります。

本記事の「TOEIC」とは、最も一般的な「TOEIC® Listening & Reading Test」を指しています。

TOEICスコア別の英語レベル

まずは、TOEICスコア別の英語レベルを解説します。学習目標を決める際の目安にしてください。

TOEIC 400点未満

TOEIC400点未満の場合、英語の基礎が身についておらず、単純な会話をゆっくり話してもらっても、断片的にしか理解できません。

スピーキングについても単語を並べる程度で、実質的にコミュニケーションがとれるレベルに至っていないといえます。

当然、このレベルでは就職活動や仕事においてもアピールできるポイントとはなりません。

TOEIC 400〜495点

語彙・文法・構文に不十分な部分は多いものの、会話する相手がゆっくりと話してくれたり、繰り返しや言い換えてくれたりする場合には、最低限のコミュニケーションをとることが可能です。

また、街中にある英語の標識や看板を読んで理解できるでしょう。

ただし、決して高い点数とは言えず、大学生や社会人になってしばらく英語学習にブランクがあると、TOEIC400点ほどの結果になることが多いようです。

資格としてはまだアピールできません。

TOEIC 500〜595点

短い文章なら聞き取ることができ、英語で簡単な挨拶や自己紹介ができます。

基礎的な文法や英単語は習得できており、英語で表記された電車・バス・飛行機の案内板を見て理解することが可能となります。

ただし、決して低い点数ではないものの、プラス評価に繋がるほどではない為、履歴書には書かなくていいレベルと言われます。

TOEIC 600〜695点

海外旅行では困らない程度にコミュニケーションができるようになります。

また、自分宛の簡単な仕事関連のメモを読んだり、英語を使って簡単な業務連絡もすることができます。

一般的な国内企業の場合、TOEIC600点が「履歴書に書いてアピールできる最低レベルの点数の目安」とされていることが多いようです。

TOEIC 700〜795点

文法・構文等の正確性に欠けるものの、ある程度どんな状況でも適切なコミュニケーションができる資質があると言えます。

会議や講演のレジュメ、プレゼンテーション用の配布資料等のビジネス文書を読んで理解することができるようになります。

約70%の上場企業が、国際部門で円滑な業務遂行に必要なTOEICスコアとして「700点以上」のスコアを期待していることからも、ビジネスで英語を使うなら最低限必要なレベルと言えるでしょう。

TOEIC 800〜895点

TOEIC800点台になると、日常会話はほぼ理解でき、相手とスムーズにコミュニケーションをとることができるようになります。

また、英語で書かれたインターネットのページから、必要な情報・資料を探し収集することもできるでしょう。

TOEIC800点以上であれば、海外赴任や海外出張など、ビジネスにおいて本格的に英語を活用することが可能と考えられ、履歴書に書くと立派な強みとしてアピールすることが可能です。

TOEIC 900〜990点

語彙・文法・構文を正確に把握しており、英字新聞・雑誌・専門書などを読んでも理解することができます。

日常会話からビジネスまで、Non-Nativeとして流暢にコミュニケーションができるレベルと言えるでしょう。

TOEIC受験者の上位3~4%に入る為、人材として希少価値が高くなります。

 

TOEICの平均点とスコア分布

次に、TOEICの平均点と受験者のスコア分布を見てみましょう。

TOEICの平均点

まずは、TOEIC受験者の平均点です。

平均点は、以下の通りになります。

リスニング   320.6点(495点満点)
リーディング  260.6点(495点満点)
総合点     581.2点(990点満点)
TOEIC Listening & Reading Test 公式データ・資料/第247回(2020年1月)公開テストをもとに作成
過去のデータを見ても、毎回概ね同じような平均点です。
履歴書でアピールできるスコアが「600点以上」と言われるのは、この「平均点以上」という水準が目安になっていると考えられます。

TOEICスコアの分布

次に、TOEIC受験者のスコア分布を見てみましょう。スコア分布は、以下の通りです。

TOEICスコア分布表
TOEIC Listening & Reading Test 公式データ・資料/第247回(2020年1月)公開テストをもとに作成

分布表を見てわかるとおり、一番多いスコア帯は500点台で、受験者全体の約20%を占めます。上述したとおり、TOEICの平均点が580点前後なので、500点台は標準レベルと言えます。

また、400点台になると中間より少し低いスコアとなり、600点は中間より少し上のスコアとなります。

そして、700点以上を取ると受験者の上位約30%、800点以上で上位約15%、900点以上だと上位約3%に入ることがわかります。このレベルになると、履歴書でもしっかりアピールできるでしょう。

目標スコア達成に必要な勉強時間数

各スコアの英語レベルの目安がわかったので、次に目標スコアまでの必要な勉強時間を見てみましょう。

以下は、オックスフォード大学出版局が、TOEICの講師向けに作成した資料のデータです。

TOEIC勉強時間
(出典:Oxford University Press A Teacher’s Guide to TOEIC® Listening and Reading Test Preparing Your Students for Success P.6

縦軸が現在のスコアで、横軸が目標スコアになります。

これを見ると、現在のスコアを目標レベルに引き上げるために必要な勉強時間の目安を知ることができます。

例えば、現在のTOEICスコア450点の人の場合、必要な勉強時間の目安は次のようになります。

<例:現在のTOEICスコア450点の場合>
目標スコアが550点の場合、必要な勉強時間数は約225時間
目標スコアが650点の場合、必要な勉強時間数は約450時間
目標スコアが750点の場合、必要な勉強時間数は約725時間

これらはあくまで概算のデータで個人差はあるものの、目標スコアまでの大ざっぱな勉強時間数の目安にすることはできます。

まとめ:自分が目指すべきTOEICスコアを明確にしよう

以上、今回の記事では以下3点についてまとめました。

(1)TOEICスコア別の英語レベル
(2)TOEICの平均点とスコア分布
(3)目標スコア達成に必要な勉強時間数

多くの企業で採用されていることからわかるとおり、TOEICは英語の基礎レベルを測るテストとしては非常に優れています。

学習目標を見失わないためにも、TOEICの勉強を始める際に、自分がどれくらいのスコアを目指せば良いのかを明確にしましょう。

ぜひ、参考にしてください。